住友林業 高い

住友林業が高い理由

ハウジングメーカーによって、相場観というのもだいぶ違ってきます。たとえば、ローコストを売りにするチェーン系のハウジングメーカーだと、折込広告などで、「坪○○万円〜」というような安い宣伝を見ることが多いものです。

 

 

こういった価格に訴えるハウジングメーカーに対して、大手のハウジングメーカーとなると、イメージ戦略が強くなってくるようです。こういった大手だと、基本的には価格がすぐにわからないながらも、もっと全体的なイメージや、理想の家づくりを実現、ライフスタイルの提案といった面で、魅力を訴えてくるわけです。

 

 

こういったなかで見ていくと、住友林業の家というのは、後者に入ってくると言っていいでしょう。住友林業は、高いと言われています。その理由としては、やはり木材を多く使っているということがあるでしょう。

 

 

住友林業は「木をふんだんに使ったいい家」が売りです。こうなるとどうしても、価格も上がってきます。

 

 

ただ、この反面、木造住宅は高い、高級住宅、というイメージがあり、この高級住宅というイメージ自体が、住友林業の魅力になっているというのも事実です。実際、住友林業の営業さんに、低予算で相談をすると、横柄な態度を取られてしまった、というようなことも聞かれます。そういった話が聞かれるくらいに住友林業の価格は高めです。

 

 

また、住友林業の価格が高い理由として、デザインや設備などの自由度が高いという点もあげられます。こちらが理想の家を伝えたとして、それを実現できるプロがいるというのも、理由となるからです。

 

 

実際、住友林業は一級建築士を多数擁しているという事実もあります。そのため、どんなリクエストにも柔軟に対応できる体制になっているわけです。こういった点からも、住友林業が価格として安くならない理由というのが見えてきます。

 

 

実際価格は高いけれど、その価格に見合った家だという評価も多いようです。

 

 

価格は高いけれど、ただ高いだけではなく、理由のある値段の高さ、中身のある高級住宅だといえるのが、住友林業だといえるでしょう。

 

住友林業しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

 

住友林業の評判|後悔しない家づくりのTOPへ戻る

無料!3分でかんたん資料請求。
いろんなハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

page top