住友林業 二世帯住宅 価格

住友林業の二世帯の価格について

住友林業では、二世帯住宅にも対応されており、“シェアする二世帯住宅”と“独立タイプの二世帯住宅”といった提案がなされており、独立タイプの二世帯住宅では、2階建て上下分離型、3階建て上下分離型、左右分離型といった3つのスタイルの提案がなされています。

 

 

 

住友林業の二世帯住宅は自由設計のため、子世帯と親世帯の思いをしっかりと設計や間取りに反映させることができますし、それぞれのライフスタイルに合わせて快適に過ごせるような二世帯住宅の提案がなされています。

 

 

 

そして、近年、出産後も仕事を続ける女性が増えていたり、親の介護、ローン代や光熱費などを節約するためなど、様々な理由で二世帯へのリフォームを検討される方が増えていると言われていますが、住友林業では二世帯住宅へのリフォームにも対応されています。

 

 

 

さて、住友林業といえば価格帯が高いハウスメーカーで、住友林業で建築される方はある程度お金に余裕がある人といったイメージも強いですが、二世帯住宅で
建てる場合の価格帯が気になります。

 

 

 

先ほども紹介しましたが、住友林業の二世帯住宅は自由に設計することができるため、建築費用が気になる方も多いと思います。

 

 

 

 

住友林業が数年前に販売を開始した二世帯住宅『ikiki・イキキ』の販売当時の本体価格は、3.3uあたり51万円(税込)からと紹介されていたようです。

 

 

 

 

 

坪単価は51万円〜と紹介されていたようなので、設備にこだわったりオプションを多く付ける場合はもちろん坪単価は高くなりますが、
仮に坪単価51万円で60坪の二世帯住宅を建築する場合の建築費用は3060万円という計算になります。

 

 

 

 

ただし、本体価格のみの坪単価のため、実際に住めるような家にするには工事費用や申請費用などが必要になってくるため、総建築費用でいくらなのか?といったことも事前に把握しておく必要があります。

 

 

下記のサイトは無料で各ハウスメーカーの二世帯住宅の総費用や間取りプランなどがもらえます♪

 

いろんな会社を一度に比較できるのでおススメです♪

無料!3分でかんたん資料請求。
いろんなハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

page top