住友林業 寿命

住友林業の寿命について

自分の家を建てるのであれば、長く住める家がいい、長い寿命のある家がいい、と思うものです。

 

 

せっかくのマイホームですから、自分の代だけではなく、その子供、そして孫まで、立派に住み続けられれば、と思う人も多いでしょう。それだけの長い世代にわたって住み続けるにあたっては、家の強さというのが大事になってきます。

 

 

寿命の長い家というのは、耐久性といった面においても安心して住み続けられる家でなければならないといえるでしょう。

 

 

こういったことを考えると、木造の家というのは、やはり寿命の長い家といえるでしょう。木造の家といえば、住友林業ですが、この住友林業の木造の家というのも、長い寿命、耐久性、といったものに定評があるものになります。

 

 

なにより、木というのが、強い材質となります。こういった木を多用している住友林業の家は、木の持つ強さによって、強く寿命の長い家となっているのです。たとえば、木というのは、実は伐られた後も強さを増すといわれています。

 

 

そのため、木の家というのは、建ててからも、老朽化するのではなく、より強さを増す家になるということができます。たとえば、檜ですが、これは伐られたあとにも、年々その強さを増していくため、二百年後には約30%近くも強くなるとさえ言われています。

 

 

また、鉄骨とちがって、木材の家というのは、風化に強いのも特徴です。基本的に、家の老朽化というのは、錆との戦いともなってきます。雨や風から守ってくれる家ですが、その分、雨や風への耐久性というのが、家の寿命にも大きくかかわってくるのです。

 

 

こういった中で、鉄骨の家は、どうしてもさびていってしまいます。そうなると、家の老朽化も進んでしまうわけです。計算上では20年で錆ばかりになるということもいわれます。メンテナンスを入れていくにしても、木以上の寿命ということは、なかなか難しいのかもしれません。

 

 

こういった点で比べると、木をふんだんに使っている住友林業の家は、寿命の長い家といえるでしょう。

 

住友林業しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

住友林業の評判|後悔しない家づくりのTOPへ戻る

無料!3分でかんたん資料請求。
いろんなハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

page top