住友林業 デメリット

住友林業のデメリットは!?

いろいろなハウジングメーカーがあり、そのハウジングメーカーによって、メリットデメリットがあるものです。どれだけ、いいハウジングメーカーと巷で言われていても、それが自分に合っていなかった場合には、デメリットの多いハウジングメーカーとなってきます。

 

 

こういったパターンの典型ともいえるのが、住友林業になってくるといえるでしょう。というのも、住友林業の家というのは、基本的に高く、かつ高級指向だといえるからです。

 

 

そのため、値段が高くてもいい家を、と希望しているかたにとっては、住友林業というのは評判のよいハウジングメーカーといえます。口コミなどの満足度を見ていても、住友林業の評価というのは高いです。

 

 

ただ、これは、高いお金を払ったからこその評価、だという事もいえるでしょう。こういった住友林業の高級路線というのは、実際にモデルハウスで家を見てみたり、住友林業の営業さんに接してみるとわかると思います。

 

 

そのため、リーズナブルにマイホームを、と思っているひとにとっては、住友林業というのは、デメリットを感じるハウジングメーカーになってくるともいえるでしょう。

 

 

基本的な単価も高いですので、自由度は大変高いですが、標準仕様でそこそこのレベルで、安くていい家、というようなものを求めている方にとっては、あまりぴったり来ない形になってくるでしょう。

 

 

また、「木をふんだんに使ったいい家」というイメージが、住友林業の売りです。住友林業の家というと、いい家、というイメージにつながります。ただこれは、ある意味ステイタス的なところが、この「木をふんだんに使ったいい家」とか、住友林業の家、というところにあると思います。

 

 

同様に、有名人の家を建てていたりするのも、住友林業の家の評判のひとつになっています。ただ、こういったところに価値を置かない方にとっては、他のハウジングメーカーにくらべて、多くのメリットを見つけづらいハウジングメーカーかもしれません。

 

住友林業しか検討していない方は要注意

 

合わせて読みたい記事>>[知らないと損をする]失敗しないハウスメーカーの選び方

 

 

住友林業の評判|後悔しない家づくりのTOPへ戻る

 

無料!3分でかんたん資料請求。
いろんなハウスメーカーの費用総額や間取りがもらえます↓

page top