住友林業 評判

無料!いろんなハウスメーカーの間取りや費用総額がもらえます

 

いろんな会社の間取りが参考にできるので、おすすめです。

 

住友林業のビッグフレームの評判

家を建てるときに気になるのが、各ハウジングメーカーの評判とあわせて、各商品の特徴や、その評判になってきます。それぞれのハウジングメーカーが特徴のある商品を出していますので、自分に合った家を選びたいものですし、自分の理想に近い家を建てたいものです。

 

 

こういった中で、自分の思い描く家を実現させたい、理想の家を建てたい、という人に好まれているのが、住友林業のビッグフレームと呼ばれるシリーズです。

 

 

住友林業は、ハウジングメーカーの中でも大手に数えられるところになりますが、他の大手ハウジングメーカーと違うところというと、在来工法を持つトップメーカーだという点です。

 

ただ、金額面においては、プレハブメーカーの大手、たとえば、積水ハウスだったり、ヘーベルハウスなどというところと同等の価格帯になっています。

 

 

基本的に、ビッグフレーム構法とは、木造住宅でラーメン構造を可能にした建築方法となります。つまり、柱と梁だけで住宅の骨組みを構築するわけです。

 

 

住友林業が出しているビッグフレーム構法というのは、そこに集成材を使用しており、それによって、がっちりとした造りの家ができます。このため、耐震性も優れているという点で、評判がよいのです。

 

 

ただ、それだけではなく、住友林業のビッグフレーム構法は、木造住宅でありながら、自分の好きな間取りを実現できるということで、人気を集めています。ある程度の無理な間取りも、住友林業のビッグフレーム構法なら実現できた、というような評判もあります。

 

 

ただ、こういった住友林業のビッグフレーム構法ですが、どうしてもコスト高になってしまうというのが、マイナスの評判にはなります。

 

 

そのため、どうしてもこの間取りがいい、というような強い要望があったりするのではなく、住友林業のビッグフレーム構法ではない構法でも建てられる様な間取りを検討しているのであれば、あえて住友林業のビッグフレーム構法の高い費用をかけなくても、別の構法を選ぶというのも、賢い選択になるかといえます。


住友林業の木達の評判

大手ハウスメーカーの中でも、施工についての評判が高いのが、住友林業になります。というのも、ほとんどの大手のハウジングメーカーというのは、全ての工事を他の業者に発注しているところになりますが、住友林業の場合には、工事のうちの約7割程度は、直施工でやっているということなのです。

 

 

こういったこととあわせて、社員の中に、一級建築士がたくさんいるということも、割合がハウスメーカーの中では高いポイントになるでしょう。

 

 

こういった住友林業が出しているシリーズに、「Smart木達」があります。この住友林業「Smart木達」の特徴としては、自由に理想の家を作ることができる、という点があり、自分らしさを求める世代に、とくに評判がよいものになります。

 

 

具体的には、住友林業「Smart木達」では、家族一人ひとりの暮らしやライフスタイルから、家づくりを考えられるようになっています。とはいっても、建築などの専門的な知識が必要というわけではなく、住友林業「Smart木達」の中にある選択肢から自由に選んで、そして組み立てるという形になります。

 

 

こういったチョイス型の住友林業「Smart木達」の家づくりは、分かりやすいという評判です。

 

 

まずは、ベースとなるプランを選び、その後に、かたちや色、素材といった要素を選んでいきます。
こういった、選択型というのは、一般の人にもとっつきやすく、わかりやすく、こういったスタイルが、住友林業「Smart木達」の評判の良さにつながっているといえます。

 

 

とはいっても、選択肢が少なかったり、いまいちだったりしては、よくありませんが、 住友林業「Smart木達」では、これまで数多くの家を手がけてきた住友林業の建築士たちが、その経験をもとに、住友林業「Smart木達」の為の選択肢を作っています。

 

 

そのため、自由設計の家づくりに負けない家が、「Smart木達」では実現できるのです。実際、住友林業「Smart木達」のためのプランは、388にも及びます。
こういった理想を実現するあたらしいかたちが、住友林業「Smart木達」の評判の良さになっています。

住友林業のmamatoの評判

色々な家を見ていくと、ハウジングメーカーの名前だけではなく、各商品の特徴や、その評判も気になってきます。それぞれのハウジングメーカーが、本当に多くの特徴のある商品を出しています。

 

 

こういった中で、住友林業のママト(mamato)を見てみたいと思います。

 

 

住友林業のママトというのは、「ママも家族をハッピーにする家づくり」ということがコンセプトになっているそうです。なので、面白いことに、開発に、実際に育児を経験した方や育児中の女性社員が、メンバーとなって参加し、色々な商品企画の中心となって作られたそうです。

 

 

そのため、ママト(mamato)というのは、子育てがしやすいという評判がやはり高い商品になっています。子供にやさしい仕様になっていたり、家事を楽にしてくれるような仕様になっていたりするのです。

 

 

また、住友林業のママト(mamato)は、価格の面でもママに優しいようになっています。この住友林業のママト(mamatoの坪単価は、ツーバイフォー構法で約45万円程度からということです。

 

 

これは、住友林業の中では、かなり低い価格帯となってきます。また、他の大手、例えば積水などと比べても、安い単価です。

 

 

本来、大手ハウスメーカーである住友林業で新築を建てるというのは、かなりの贅沢になります。それなりの予算が必要になってきますので、子育て世代の夫婦には、なかなか手が出ないと思う方も多いでしょう。

 

 

こういったなかで、住友林業のママトは、坪単価約45万円からの設定となり、他の大手ハウスメーカーとの比較でも、購入しやすい価格帯だといえます。これも、住友林業のママト(mamato)の評判のよさの1つのポイントだといえます。

 

 

もちろん、その他の住宅と同様に、この住友林業のママト(mamato)も、更に色々なオプションを追加していくと、単価は上ってしまいますので、その点は注意が必要です。

 

 

もともとプランの中にもいろいろな仕様がついていますので、それを確認したうえで、更に希望があれば、あらかじめ希望する価格とあわせて、営業に伝えておくのがよいでしょう。

住友林業の口コミ

家を建てるにあたって、まず調べるのが、ハウジングメーカーのそれぞれの評判や口コミではないかな、と思います。大手であっても、口コミがかならずいいとは限りません。もちろん、口コミがすべてではありませんが、営業さんの説明だけではわからない点も見えてきます。

 

 

こういった中で、住友林業の口コミを見てみたいと思います。住友林業は、木造の家、を理想とする方は、やはり気になるハウジングメーカーになるでしょう。

 

 

住友林業は、実際、他の工法も含めたハウジングメーカーの中でも、在来工法のトップメーカーです。プレハブメーカーの大手、たとえば、積水ハウスだったり、ヘーベルハウスなどというところとも、同等といってよい価格帯になっています。

 

 

ただ、工法においては、住友林業は、在来工法を取っていて、これが住友林業の強みでもあります。この工法を取る事によって、設計の自由度が高く、それが、住友林業の口コミでも高いポイントを得ています。

 

 

住友林業の口コミをみていて感じるのは、いい口コミと、悪い口コミがあり、そしてそれがある意味両極端なところです。これは他の大手でも見られるケースになりますが、熱烈なファンというような人もいますし、逆にとても批判をする人もいます。

 

 

これは、何にしても、どういった担当者であったか、というところで差が出てくるのでしょう。ただ、傾向としては、住友林業の営業さんも保守的な方が多いということですので、これも参考になるでしょう。

 

 

個性的な提案などを好むような方は、住友林業の担当者さんを、固いとか、融通が利かない、というふうに感じることもあるようです。ただ、安心できる、という評判も高いです。

 

 

また、住友林業は、24時間365日体制の「コールセンター」を設置しています。いつでも不具合やクレームを受付てくれますし、直ぐに対応できる体制を整えてくれている、ということになります。これは確かに安心ですし、素人には大変ありがたいサービスです。実際、これも、口コミでもかなり評価をされています。


住友林業の坪単価の相場について

住友林業は、ハウジングメーカーの中でも、在来工法のトップメーカーです。

 

 

ただ、在来工法とはいっても、地元工務店とは違います。一番違うのが、金額ではないでしょうか。というほど、住友林業の価格帯は、非常に高額です。

 

 

実際、プレハブメーカーの大手、たとえば、積水ハウスだったり、ヘーベルハウスなどというところとも、同等といってよい価格帯になっています。

 

 

なので、全体的にもても、住友林業の相場としては、高めと思っておいた方がよさそうです。

 

 

実際、住友林業の営業さんに、あまりにも低い予算で相談をすると、ちょっと高飛車な態度を取られてしまった、というようなことも聞かれます。

 

 

そういった話が聞かれるくらいに住友林業の価格は、安くないという事です。坪単価というのは、最初の見積りで出てくる数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる工事なども含めるかによって、だいぶ違いがでてきてしまうものです。

 

 

なので、住友林業でも、最初に出てくる単価は、60万程度だったりもします。でも、実際に住友林業で建てた事例から単価をみてみると、やはり、坪単価70〜80万円ぐらいが目安となってくるようです。外部の給排水・電気工事などを含めてくると、だいたい最終引渡し価格は、これくらいになってくるといえるでしょう。

 

 

こうなるとやはり、住友林業の家は、大手ハウスメーカーの 中でも、高い方の部類になります。価格について、住友林業の営業の方に聞くと、基本的にプランの自由度が高いことを売りにしていますので、お客さんの予算に合わせたプランを提示します、ということを言われるかと思います。

 

 

とはいっても、先ほど述べたように、オプションを付けなくとも、最低限でかかってくる単価は、他の安めのハウジングメーカーよりは、かなり高い金額になります。

 

 

どういった家を建てるか、面積やオプションなどによっても差が出てきますが、住友林業の家については、基本的には、高い予算の覚悟がいる相場観であるということが前提になるかといえます。

住友林業の割引きについて

家を建てようと思ったときに、だいたいの方が価格や割引について調べてみるのではないでしょうか。家を建てるにしても、予算が無限にあるわけではありません。いろいろなハウジングメーカーの中から、自分の予算にあったハウジングメーカーを選びたい、と思うところです。

 

 

インターネットや、カタログなどでも、各ハウジングメーカーの単価などを見ることができますが、こういったなかで、住友林業は価格が高い部類のハウジングメーカーとなってきます。実際に、ネット上などでも、坪単価が高いハウスメーカーの一つだと言われています。

 

 

だいたい、坪単価として、70万から80万円という数字も出ています。これはかなりの金額です。たとえば、坪40くらいの敷地だった場合、この大きさで、坪単価70万円で見積もった場合、約3000万円が必要となりますし、さらに建物の本体工事費以外の、外構や照明といった費用や、そのた設備などの費用も加えていくと、4000万円に近い価格帯になってくるでしょう。

 

 

こうなってくると、単価が高い分値引きや割引に期待をしてしまいたくなりますが、住友林業というのは、あまり割引というものに、過剰な期待をいないほうがよいハウジングメーカーとなってきます。もともと、予算がたくさんないと難しいハウジングメーカーとなっていますので、たとえ割引があったとしても、当初の見積り自体が、非常に高い見積もり金額ということが多いのです。

 

 

そうして、最初のグレードの高いものから、徐々に値引きをする、いうパターンが多いようです。そのため、割引額としては、大きな金額になることも多く、割引額だけを見ると、割引のたくさん受けらえるハウジングメーカーという印象を受けてしまうかもしれませんが、最終的に割引を受けた価格も、高いということは、気を付けないといけません。

 

 

住友林業は、それこそ大手の一流ハウスメーカーですし、基本的に高級路線となっています。なので大幅な値引きは期待しないようがよいといえるでしょう。

 

 

割引きのポイントは、いろんなハウスメーカーと迷っているとニュアンスで、営業マンと交渉すると良いです。

 

 

下記のサイトで事前に他のライバルハウスメーカーの価格をチェックしておいて損はないですよ。いろんなハウスメーカーをまわらなくても一度で、

 

 

いろんな会社の総額がもらえますので。また、間取りプランももらえますので、間取りに失敗なく家づくりができますね。